日本

Japan

トランジション・タウンは、2005年秋、イギリス南部の小さな町トットネスで、パーマカルチャーの講師、ロブ・ホプキンスを中心に始まりました。

関心と情熱を共有する人達が集まり、立ち上げグループが結成され、映画上映会、暮らしの基本的技術再習得講座、自然エネルギープロジェクトなどを企画し、また地域通貨を発行しました。

関連団体、企業、行政などとも協働関係を築き、トランジション・タウン運動は、瞬く間に地域を巻き込むことになりました。